1

1.肛門を持ち上げる運動をする。

足を少し開いて正座し、会陰部に意識を向け、骨盤、お尻、腹筋を収縮させ、呼吸に合わせて肛門を引き締めます。 肛門は、息を吸うと収縮し、吐くと弛緩します。 これを1日20~30回、排便後、朝起きた時、寝る前に行うことで、骨盤腔内の血行を促進し、月経周期の血行促進や月経痛の緩和に効果があるほか、肛門疾患のリスクを軽減し、便秘の治療を助けることができます。

2.カイロプラクティック。

腸内環境が悪い人は、口臭や肥満、便秘だけでなく、慢性胃炎や胃潰瘍の原因にもなります。 全身の経絡の詰まりを取り除き、陰陽のバランスを整え、気血の流れを促進し、内臓の機能を高め、脾胃を強化する効果のあるカイロプラクティックを試してみたいと思うかもしれません。 カイロプラクティックの具体的な方法は、仰向けに寝て全身の力を抜き、尾てい骨から第7頸椎までの皮膚を3回ずつ圧迫します。

3.腎臓を揉む。

漢方では、腎臓は体の土台と考えられており、腎臓のエネルギーが不足すると体が弱くなると言われています。 そのためには、まずホームページを見ていただくことが必要です。 腎臓の冷えによる腰痛を改善し、腎臓のエネルギーを強化するために、朝と夕方に1日36回、両手を合わせて腰の両側を上下にこするとよいでしょう。

4.お腹をさする。

腹腔内の重要な臓器にある複数の経絡は、陰陽の気血が生まれる場所です。 腹部のマッサージを心がけることで、肥満の改善、リンパの流れの促進、胃脱出や消化不良、便秘の予防につながります。 まず、直立した姿勢で、筋肉をリラックスさせ、心の中の雑念を追い出します。 手をおへそに当て、左手を右手の甲に当てて、おへそを反時計回り、時計回りにそれぞれ50回ずつマッサージしますcolposcope

5.液体を飲み込む。

しかし、液体を飲み込むことは単純ですが、体の乾燥を取り除き、食べ物の消化を促進し、抵抗力を強めるなど、健康面で大きな効果があります。 このようにして、私たちは、自分たちの生活の中で、自分たちの生活の質を高めていくことができるのです。 舌を外側に伸ばした後、前後に36回振ります。 最後に、舌を時計回りと反時計回りに36回かき混ぜ、出てきた唾液を数回飲み込む。

精選文章:

夏にシャワーを浴びることの禁忌を教えてください

しゃっくりが出る可能性のある病気にはどのような症状がありますか?

夏に健康を維持するためにできない5つはどれですか?