2016年05月


10
この曲を選んだ人は 技術者気質の人 です。
まあ卒業ソングの定番中の定番といえばそれまでなのですが伝統を重んじるから職人気質だというわけではありません。
この歌の歌詞は 蛍雪の功 という故事に基づいており僅かな光を頼って勉学に励むというものです。
これは今の日本、エネルギー資源の少ない日本という国が今まで技術によってエネルギーを創造してきた歴史と重なり合い、これから蛍の光のような小さな光を増殖させて大きな光を創ろう、窓の雪のように冷たい物体から光を創ろうという技術者の想いを代弁しているのです。学生の時からこの歌を卒業式は将来技術者になって日本を発展させたいという愛国者が多いのです。
これを選んだ人が陥りやすい失敗はモノを大切にする、原資を大切にするあまり目先のことにとらわれる、例えば兵庫県のリサイクルショップで500円で売られているCDが岐阜県で100円で売られていると聞くと車で高速料金、ガソリン代を使って買いに行くようなことをしますHKUE 呃人

この曲を選んだ人は 聞き分けの良い人 です。
もともとこの曲を選んだ人は別の曲を選んでいました。
桜の栞(AKB48) Sakura(レミオロメン) 桜(FUNKY MONKEY BABYS) などの歌を卒業式に歌いたいと先生に提案しましたが定年間近の先生に
「最近のはやり歌なんぞ歌えるかああああっ!」 
と一喝され定番中の定番の 仰げば尊し に提案しなおしました。優等生の発想ですね。
このように聞き分けのいい人は卒業して就職した会社ではうまく立ち回っていけますが一般の家庭生活では聞き分けが良いが故に浪費しがちです。
通販番組に影響されたこの人たちの家には ゴマとDHAのサプリ 緑色の野菜汁 空気清浄器 強力な掃除機 ダニをとる布団用掃除機 聞き流すだけで英語がマスターできるとされるCD そしてお父さんやおじいちゃんが買ったと思われる 紅茶キノコ 「ワタシニデンワシテクダサイ、ドゾヨロシク」の健康器具 ぶら下がり健康器 などが所狭しと並んでおりますPretty renew 旺角
また 今年は最高の出来じゃい! なセールスコピーにつられて毎年ボージョレーヌーボーを飲んでおります。

この曲を選んだ人は 惚れっぽい人 です。
この曲の歌詞は聴いての通り 土に感謝しなさい と言っているだけで卒業とは何の関係もありません。まあこの曲の成り立ち、ベースは特定のイデオロギーを持っているかたにとっては素晴らしいものだと思うのですが一般の純粋な生徒にはほぼ関係ありません。でもなぜこの曲を選ぶ人が多いかというとそのメロディーが素晴らしいからです。つまり歌詞(言葉)よりもメロディー、中身よりも外見に魅力を感じるという惚れっぽい人なのです如新集團
お察しの通りこの曲を選ぶ人は できちゃった結婚 をしがちで結婚の動機でできちゃった結婚した人の比率は 贈る言葉 を選ぶ人の約2倍だとの統計が出ております(甲辰経済戦略研究所 制服の第二ボタン捜索チーム調べ)。

これを選んだ人は 苦労人 です。 牛すじは他の具と違い仕込が必要です。そしてその味付けは各店によって違います。 これは一人一人の人生そのものです。 これを選んだ人は牛すじ焼きの味のごとく 甘い辛い を知り尽くしています。 これを選んだ人の過去をプロファイリグしますとバブルでいったん成金になりましたがはじけて一家離散し、奮起してそこそこの富を築きましたがリーマンショックでまたまた家を失いました。 今は アベノミクス でなんとか持ち直していますが 人生山あり谷あり を実践し続けます。 これを選ぶ人の最適な職業はその苦労をした過去を活かして小説やエッセイなどを書く 文筆業 だと思われます。 これを選んだ人は 永遠の迷い人 です。 これを選んだ人は自分というもので好きな具材を決めることができません。いつも他人の目を自分の標準にしているのでとりあえず具材が全部入ったものを注文することにしています。 これはお好み焼きに限らずピザや焼きそば、ナッツも全てミックスにしてしまいます。 これを選ぶ人の大きな特徴は 大人買い をすることです。 とりあえず目の前にあるものを全部買うことによって安心し他人をも安心させます。 その場の雰囲気、空気を読むことにかけては天才的な能力を持っているので人気者ではあるのですがいつもビクビクしています。 これを選ぶ人の最適な職業は空気を読む能力を活かすことができる 落語家 です。 これを選んだ人は 知ったかぶりをする人 です。 お好み焼きにそばを合体させることでゴージャスでハイカラな モダン焼き と命名されましたが何がモダンなのかわかりません。何も知らないのに機械的にモダン焼きを注文する知ったかぶり根性を見るにつけ今の流行なのかと思うと少し哀しくなります。 上記のミックス焼きを選ぶ人とは逆にモダン焼きを選ぶ人は空気が読めないのである意味幸せなのです。 モダン焼きを選ぶ人がお好み焼き屋に入ると機械的に 「とりあえずビール」「モダン焼き」「ごちそうさま」 の3つの言葉しかしゃべりません。 これはイクラちゃんの 「ハーイ」「チャーン」「バブー」 を真似していると推測されます。 これを選ぶ人の最適な職業は何もわかっていなくて機械的な出まかせを活かすことができる 小金稼ぎのコメンテーター です。

↑このページのトップヘ